クロコダイルのサッカーblog

サッカーのことについて情報を発信するブログです。

スポンサーリンク

横浜FC対浦和レッズのスタメン 2020年シーズン 明治安田生命J1リーグ 第7節 展望 見どころ

f:id:crocodile74:20200725180258j:plain

明治安田生命J1リーグ第7節横浜FC浦和レッズの試合が2020年7月26日(日)18:00KOで行われます。場所は横浜FCのホームスタジアムニッパツ三ツ沢球技場です。r両チームとも連敗の中での一戦となります。どちらも負けたくない状況でどんな試合展開になるのか注目です。

 J1のレベルの高さに苦戦も「らしさ」を構築しつつある横浜FC

前2試合に関しては、川崎フロンターレ横浜FMJリーグを代表するチームに大敗を喫した横浜FC

しかし、そんな中でもゲーム内容は悪くなかったように見えました。

下平監督が目指すサッカーはポゼッション率を高めて主導権を握ろうとしている形が垣間見えます。

川崎フロンターレ戦ではパス本数、ポゼッション率で相手を上回っていたというデータもあり、将来性が期待できる内容。

注目は左ウイングの松尾佑介です。浦和のアカデミー出身ということで大槻監督も対戦を喜んでいました。

守備の崩壊を招かず、好機で決めきれれば横浜FCの勝利もあり得ます!

開幕4試合負けなしの後の2連敗

ここ数年、連勝して波に乗るという結果が少ないように感じる浦和レッズ

阿部勇樹槙野智章柏木陽介等の30代の選手の出場機会が減り、20代前半~中盤のフレッシュな選手を起用していることで世代交代を図りたいというのが伝わってきます。

今節は槙野智章柏木陽介のベテランが起用されています。若手とベテランの融合が今後のレッズ発展の鍵!

今節のポイントは先制点だと思います。レッズが先制点を取れれば、かなり勝率が上がるはず。

注目は2トップの一角レオナルドです。J3→J2→J1とJの全てのカテゴリーを経て這い上がってきたブラジル人の能力を侮ってはいけません。

彼の決定力がレッズの明暗を分けると言っても過言ではないでしょう。

横浜FCスタメン

GK18南雄太

DF29星キョーワン

DF5田代真一

DF26袴田裕太郎

MF8佐藤謙介

MF3マギーニョ

MF37松尾佑介

MF46中村俊輔

MF30手塚康平

FW9一美和成

FW23斎藤光

浦和レッズスタメン

GK1西川周作

DF5槙野智章

DF4鈴木大輔

DF6山中亮輔

DF27橋岡大樹

MF16青木拓矢

MF8エヴェルトン

MF10柏木陽介

MF41関根貴大

FW45レオナルド

FW30興梠慎三

 

crocodile74.hatenablog.com

 

 

crocodile74.hatenablog.com

 

トップ・アイキャッチ画像引用元:URAWA REDS OFFICIAL TV 5連続シュート成功!!!!!のスクリーンショットより