読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クロコダイルの「サッカー日本代表に物申す!」

長年サッカーに携わってきたクロコダイルがお送りするサッカーブログ!!日本代表について物申す!

スポンサーリンク

日本代表のボランチで相性の良いコンビを考える。

浦和レッズ 本田圭佑 日本代表監督 日本代表が強くなるために 川崎フロンターレ ワールドカップ ハリルジャパン スタメン ブンデスリーガ W杯の記憶 Jリーグ ボランチ 長谷部誠 山口蛍

f:id:crocodile74:20161007172451p:plain

11日にオーストラリア代表とのアウェイ戦に臨む日本代表。イラク代表戦では後半アディッショナルタイム山口蛍の劇的ゴールにより辛くも勝利しました。山口蛍と言えばポジションはボランチ。日本代表はダブルボランチというフォーメーションを組んでいますが、最も相性の良いコンビは誰なのでしょうか?現在招集されているメンバーから考えるコンビと新戦力となり得るボランチのコンビを考えます。

イラク戦(ホーム)、オーストラリア戦(アウェイ)のボランチ招集メンバー 

今回のイラク戦(ホーム)、オーストラリア戦(アウェイ)でボランチとして招集されたメンバーは長谷部誠(フランクフルト)柏木陽介浦和レッズ山口蛍(C大阪大島僚太川崎フロンターレ永木亮太鹿島アントラーズです。

UAE戦では長谷部誠大島僚太。タイ戦では長谷部誠山口蛍イラク戦では長谷部誠柏木陽介の組み合わせでスタメンを組んできました。

守備的タイプ、パサータイプ、バランサータイプ

ボランチと言ってもタイプが様々あります。個人的には大きく分けると3つのタイプに分かれると思っています。

①守備的なタイプ

②攻撃的なタイプ

③バランサータイプ

このタイプ別の組み合わせによって相性というのがあると思います。その組み合わせをハリルホジッチ監督は常に意識しています。

一対一のディフェンスや守備に定評のあるタイプ(①守備的なタイプ)

一対一での勝負、ハリル的な言葉でいうディフェンスにおいての「デュエル」に強いボランチというのは山口蛍です。

素早いアプローチやボール奪取能力に優れているタイプで落ち着きのない試合ではセカンドボールの処理などが期待されます。

イラク戦でゴールを決め、攻撃的な面が話題になっている山口蛍ですが「守備職人」としての顔も持っています。

浦和レッズ遠藤航G大阪井手口陽介なども守備の安定をもたらせるタイプです。

レジスタ。中盤の底からタクトを振るう司令塔タイプ(②攻撃的なタイプ)

ボランチという一見守備的なポジションですが、低い位置からゲームをコントロールする「司令塔」の役割をするタイプのボランチというものもあります。

現在の招集メンバーでは柏木陽介大島僚太がそれに当たります。

長短のパス、縦横のパスでDFラインと前線を繋ぐ配給役として重要な役割を担います。

彼らがパスを配給することでゲームのリズムを作り、支配率を高めます。

以前だとG大阪遠藤保仁川崎フロンターレ中村憲剛がこの役割の筆頭でした。

今後活躍が期待されるこの役割のボランチは今回も招集されている川崎フロンターレ大島僚太鹿島アントラーズ柴崎岳となります。

守備も攻撃も卒なくこなすユーティリティプレイヤー(③バランサータイプ)

攻守において一番バランスが取れているタイプのボランチです。

長年このタイプのボランチとして日本のトップを走り続けているのがフランクフルトの長谷部誠です。

豊富な運動量や一対一での強さ、ミスのないパス、全てにおいて一定の水準でプレーできなければこのタイプのボランチは務まりません。

今回の招集メンバーでは鹿島アントラーズ永木亮太もこれに当てはまるでしょう。

f:id:crocodile74:20161007172749p:plain

画像引用元:[スカパー!提供]20161001_ヴィッセル神戸戦 ハイライト映像

同じタイプをダブルボランチに据える必要はない

相性として考えると同じタイプのボランチを先発で一緒に組ませることはあり得ないと思います。

今回の招集メンバーで考えると柏木陽介大島僚太。このタイプはある意味では相性が良くないと言っても良いでしょう。

両者ともパスでゲームのリズムを作りますが、守備の面で不安を残します。

そう考えるとベストな組み合わせは、

①-②

②-③

①-③

くらいしか考えられないのです。個人的にはキャプテンである長谷部誠を軸としているところをそろそろ変えても良い時期なかと考えます。

長谷部誠ももう32歳とベテランの域に入っています。世代交代・・・そんな言葉もチラホラ耳にしますし、いつまでも頼ってられないというところです。

そこで軸となる選手、ファーストチョイスの最有力として期待するべきなのが山口蛍だと思っています。

ですので①-②か①-③のパターンと考えると・・・

・山口蛍ー柏木陽介

・山口蛍ー大島僚太

・山口蛍ー長谷部誠

の組み合わせが今のところスタメンのボランチでは相性が良いのかなと思います。

守備的なタイプのボランチで個人的に代表に食い込んで欲しいのが川崎フロンターレ谷口彰悟G大阪井手口陽介の二人です。

ぜひ新しいボランチが入ってチームを活性化してもらいたいですね!

関連記事

 

crocodile74.hatenablog.com

 

 

crocodile74.hatenablog.com

 

 

crocodile74.hatenablog.com

 

トップ・アイキャッチ画像引用元:Crossbar Challenge - Eintracht Frankfurt