クロコダイルの「サッカー日本代表に物申す!」

長年サッカーに携わってきたクロコダイルがお送りするサッカーブログ!!日本代表について物申す!

スポンサーリンク

U-22日本代表候補!松本山雅、前田直輝の強み

f:id:crocodile74:20151110134749p:plain

今シーズン、東京ヴェルディから期限付き移籍松本山雅へ移籍した前田直輝が輝きを放っています。左足から繰り出される強烈なシュートとヴェルディの育成組織で小学4年生から鍛えられてきた繊細なボールタッチ、テクニックを武器に松本山雅に移籍してからシャドーストライカーのポジションで出場機会を掴み、先日発表されたリオ五輪に向けた強化試合U-22日本代表のコスタリカ戦メンバーに選出されました。

 ベストゴールに選出されたカットインからの左足一閃。

1stステージ第9節の新潟戦で決めたゴールは、観たものに強烈なインパクトを残しました。ペナルティエリア外の右サイドから中にカットインして、思い切りよく振り抜いた左足から放たれたボールがものすごい勢いでゴールに突き刺さりました。

www.youtube.com

この後、第12節のヴィセル神戸戦でも右サイドからカットインして左足を振り抜きゴールをあげています。
ストライカーというよりはアッタッカーという印象が強いですが、自分の型を形成していければゴールを量産していくのではと感じています。

リオ五輪代表に選出される可能性。同ポジションにライバル多し。

今回は7月1日に行われる親善試合のコスタリカ戦のみのメンバーに選出されただけですが、この試合でアピールできればリオ五輪への道が開けます。

ただシャドーの位置には、ヴェルディ時代の盟友であった中島翔哉やスイスでプレーしている南野や久保などタレント揃い。

サンフレッチェでチャンスを掴みつつあるレフティーモンスターの野津田もいるこのポジション争いは簡単なことではありません。

ただ他ライバルとは大きく違うのは前田は松本でレギュラーとしてコンスタントに試合に出て経験を積めているという点です。

さらなる飛躍のためにすべきことは?

今後の前田直輝の課題はインタビューでも何度か語っているようですが、運動量と守備面です。

メッシのようなスペシャルな選手でない限り前線からの守備を求められているのは周知の事実です。

ヴェルディ時代の前田はこの守備面と運動量の少なさが見られる試合が多々ありました。松本山雅に移籍したのは、反町監督の熱烈なラブコールもありましたが、自分が持っていない走力や守備、フィジカル面を前面に押し出して戦う松本山雅に入団することで、自分の弱点を克服したいという思いも少なからずあったと思います。

こういった向上心がU-23日本代表の手倉森監督に評価されての今回の選出でもあったと思います。

オリンピックに向けてとにかく前田直輝にはガムシャラにまずはJリーグで自分のポジションをしっかり確保して、活躍してほしいですね。

松本山雅はセカンドステージに向けてサンフレッチェ広島からMFの工藤浩平を補強したので、シャドーのレギュラー争いも激しくなると思われます。

ここでポジションを確保し、五輪代表にも選ばれてオリンピックを経験できれば、一気にフル代表や海外移籍の話も出てくるのでは・・・と期待させてしまうほどポテンシャルを秘めています。

↓関連記事↓

 

crocodile74.hatenablog.com

 

 

crocodile74.hatenablog.com

 トップ・アイキャッチ画像版権:yamagachannelyamaga dream vision より