読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クロコダイルの「サッカー日本代表に物申す!」

長年サッカーに携わってきたクロコダイルがお送りするサッカーブログ!!日本代表について物申す!

スポンサーリンク

南野拓実を日本代表に推薦する理由

オーストリアブンデスリーガレッドブルザルツブルグ所属の南野拓実が絶好調!リオデジャネイロ五輪を目指すU-22日本代表で主力として期待される男はフル代表での選出も視野に入っていることでしょう。ハリルホジッチ監督もチェックしているでしょう南野拓実の特徴、魅力、フル代表で入る場合考えられるポジションなどを見てみましょう!!

豊富な運動量

南野拓実の魅力のひとつとして豊富な「運動量」が挙げられると思います。

チームの戦術にもよりますが、前線からアグレッシブにプレッシャーを掛けるタイプの戦術であればはまる可能性大です。

現在の日本代表であればワントップのレギュラーとして確固たる地位を築いているイングランドプレミアリーグレスターシティ所属の岡崎慎司が前線の守備の第一人者かもしれません。

高い位置(相手の陣地深く)でボールを取れればゴールにより近くなりますからそれだけ得点の可能性が高まるでしょう。サボらない守備は南野拓実が今後も伸ばして欲しいポイントです。

ハリルホジッチ監督がフル代表でのプレスの掛け方をどのように考えているかはわかりませんが、前線から素早いプレスを掛け、相手のやりにくさを増すような戦法が良いのではと個人的には考えます。

使うならシャドーか

もしフル代表で入るとしたら今の4-5-1というポジションであれば中盤の前目のポジションでしょう。

ポジションを争うのであれば香川真司、本田圭祐、宇佐美貴史清武弘嗣武藤嘉紀乾貴士等とのポジション争いに勝たなくてはなりません。

これらの選手のプレースタイルで前線からプレッシャーを掛けられる選手は香川真司武藤嘉紀くらいでしょうか?

特に香川真司ドルトムントで「ゲーゲンプレッシング」と呼ばれる前線からの守備が染み付いていますし、同じセレッソ大阪の出身として相性も良いのではないでしょうか。

何より闘争心が良い

戦術面、技術面もそうですが、彼のメンタル的な部分も注目です。何より「絶対に負けない」という気持ちが前面に出ていて、今の日本代表に掛けている「闘争心」に火を点けてくれる存在になり得るかもしれません。

www.youtube.com

2014年のJリーグでの一戦ですが、南野拓実の気持ちが前面に現れたプレーになります。このプレーはイエローカードが出ましたが、今の日本代表にフィジカル面、メンタル面をここまで前面に押し出している選手はいるでしょうか!?

関連記事:

日本代表vsカンボジア代表戦!NHKBS1での木村和司の解説どうでした?

W杯アジア2次予選日本代表発表!あの選手が・・・!!

トップ・アイキャッチ画像引用元:南野拓実2ゴール!グレーディヒ戦で決勝弾 Minamino 2Goal vs Grödig 2015年9月12日 poor15 9gatu YouTubeより