読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クロコダイルの「サッカー日本代表に物申す!」

長年サッカーに携わってきたクロコダイルがお送りするサッカーブログ!!日本代表について物申す!

スポンサーリンク

Jリーグ第五節!日本代表FW、川又堅碁が魅せた!

f:id:crocodile74:20150412234239p:plain

Jリーグ第五節が各地で行われました。今節の注目は浦和レッズVS川崎フロンターレの方も多かったかもしれませんが、個人的な注目は名古屋グランパスVSサンフレッチェ広島でした。試合結果は日本代表、川又堅碁などの得点で名古屋グランパスが勝利しています。今節の川又堅碁の得点から見る日本代表の攻撃陣の今後について考察してみます。

 粗削りながらも成長を続ける川又堅碁

ファジアーノ岡山アルビレックス新潟で得点を量産してきた川又堅碁ですが、昨シーズン途中から名古屋グランパスに加入しました。さらにはハリルホジッチ監督から日本代表にも選出され、その才能を開花させつつあります。

テクニック的なものも成長していますが、彼の特徴は「未完の大器」という今後の可能性を感じさせる選手であるという点ではないでしょうか?宇佐美貴史の様な卓越したドリブルスピードやミドルシュートは持っていなくとも、ゴール前の冷静さや長身を活かしたヘディングなどはリーグトップクラスを誇ります。

ボールが来る前に周囲の状況を確認すること

今節の川又堅碁の得点のポイントは「ボールが来る前にGKの位置を見ていたこと」でしょう。小学生の頃から「周りを見ろ!」、「顔を上げろ!」、「ボールが来る前に次のプレーを選択しろ!」などコーチから言われてきた人は多いと思いますが、これって非常に難しいことですよね。

データ的にも「首を振る回数」つまり「自分にボールが来る前に周囲の状況を確認すること」が多い選手はチームにとって重要な選手という位置づけがされます。

元日本代表の中田英寿氏は特に「首を振る回数」が多い選手ということで有名です。レベルの高い選手ほど周囲の状況の把握がうまいということでしょう。

大型FWが少ない日本

現在の日本代表に足りないポジションはワントップができる大型FWとCBであるという意見は以前にも書きました。ワントップの大型FWとなるとサガン鳥栖豊田陽平くらいでしょうか?トップ下やセカンドトップに才能があふれている選手が多い分、大型センターフォワードが育っていない現状があります。

そこで川又堅碁のような選手が出てくることを私は望みます。フィジカル的にもまずまずでそこそこな高さがありゴール前での冷静さもある・・・。あとはイージーなミスを減らすことが日本代表定着の近道でしょう!ハリルホジッチ監督よ!川又堅碁の能力を引き出してください!!!


名古屋グランパス1点目 川又堅碁 決勝ゴール - J1第23節 2014.9.13 - YouTube

↓↓関連記事↓↓

 

crocodile74.hatenablog.com

crocodile74.hatenablog.com

 画像引用:YouTubeより