クロコダイルのblog

サッカー、音楽、営業、鍼灸、東洋医学、ブログ、パソコン・・・等様々なことについて役立つ情報を発信するブログです。

スポンサーリンク

現役鍼灸師がわかりやすく解説!経穴(ツボ)とは何なのか?

経穴,つぼ,ツボ,説明

こんにちは。クロコダイルです。

私、クロコダイル。いくつかの肩書を有しておりまして、メインとなるのは実は「鍼灸師」の仕事だったりします。

「はり師」、「きゅう師」という二つの国家資格を合わせて「鍼灸師」って言うのです。

よくお客様から「ツボ」ってどこにあるの?「ツボ」って何?

痩せるツボ教えて下さい笑。

って質問を毎日のように頂きます。

セミナーや勉強会、研修等でよく「経穴とは」という講義、プレゼンをさせて頂きます。自分で言うのもなんですが、好評頂いてると思っています。

今回は「経穴(ツボ)」について解説!!

この記事を読むべき人

  • 知識無しで「はり、きゅう」を受けているが、鍼や灸を「なぜそこにするの?」と疑問だった人
  • 東洋医学中医学鍼灸を今から学ぼうとしている人
  • 鍼灸学生の1年生
  • 民間療法で経穴を必要としている人

・・・等です。

この記事の信頼性

東洋医学の専門家である現役鍼灸師がこの記事を書いています。

無資格の方や怪しい民間療法の方より勉強している自負もありますし、本質を理解していると思います。

国家資格である「はり師」、「きゅう師」を取得して10年程経ちます。(業界ではまだまだルーキーかも)

学生時代から鍼灸整骨院でアルバイトで経験を積み、そのまま正社員へ・・・。

現在は、東洋医学関連の企業で働きつつ物販の営業もしながら治療院で鍼灸臨床の方もこなし毎日忙しい日々を送っております。

そんな人間が書く記事。

経穴(ツボ)の定義 

とりあえず、「経穴」でwikiってみました。

ja.wikipedia.org

wikipedeia「経穴」より↓

経穴 (けいけつ) とは、中医学漢方医学、経絡学の概念で、体内の異常に応じて体表の特定の部位に対応して現れるもので指圧、鍼、灸で刺激を与えることで体調の調整、諸症状の緩和を図るものである。一般には「ツボ」とも呼ばれる。

要は・・・

東洋医学の概念で、体のある部分に刺激(マッサージや鍼灸等)を加えて体調を良くする!

ってのが経穴の概念ですね。

「ツボ」っていうのは俗称で、あくまで正式名称は「経穴」(けいけつ)です。

経穴を知る上で大事な概念・・・それは「気」!

f:id:crocodile74:20190802225343p:plain

画像引用元:YouTube DragonBallZ クリリンのことかスクリーンショットより

経穴を語る上で東洋医学の根本的概念、考え方である「気」について知っておかないといけません。

またwikiってみました。

ja.wikipedia.org

wikipedea「気」より↓

気(き、KI、Qi)とは、中国思想や道教中医学漢方医学)などの用語の一つ。一般的に気は不可視であり、流動的で運動し、作用をおこすとされている。しかし、気は凝固して可視的な物質となり、万物を構成する要素と定義する解釈もある。宇宙生成論や存在論でも論じられた。

ん~、よくわからん・・・笑。

ここでは、要は・・・

目に見えない生命活動エネルギーを概念化したもの!

と思って頂ければGOOD!

経穴(ツボ)の説明は「鉄道」で例えるとわかりやすい。

 f:id:crocodile74:20190802231336j:plain

画像引用元:photoAC 源五郎より

「気」の存在を知って頂いたのでやっと本題の「経穴」の話に入ります。

「気」は知っておくだけで良いと思います。「気」を掘り下げるとひとつの記事・・・いや2,3記事分の長いネタ書けちゃいますので、理解や深く知るより「知っている」、「把握」くらいで調度良いかも知れません。

ここでひとつ下の図をご覧ください。↓

f:id:crocodile74:20190803162430j:plain

実は「鉄道」と「経穴」の関係がよく似ております。

これを理解するとなんとなくスッと頭に入ってくると言ってる方もいました。

ひとつずつ解説していきます。

経脈=線路

まず最初に「経脈」と「線路」が同じということをお伝えします。

ここで聞き慣れないのが「経脈」ですが、後ほど説明します。

鉄道の図で考えると「駅」と「駅」の間に走っているのが「線路」。

「路線」と考えてもらっても結構です。

東京(関東)の路線図を思い描いてみて下さい。

山手線があれば、中央線もあるし、埼京線京浜東北線湘南新宿ライン宇都宮線高崎線水戸線常磐線東横線田園都市線・・・etc.

いろんな路線がありますが、それと同じように「経脈」でも路線的なもの、すなわち経脈の種類が存在するのです。

「経脈の種類」と言っても何を基準に種類があるのか?

路線だと向かう地域ごとに名前が割り振られていますが、経脈ですと・・・

内臓

ごとに種類が分かれているのです。

内臓の種類とは、

肝臓、心臓、脾臓、肺、腎臓、胆嚢、小腸、胃、大腸、膀胱

(本当は心包と三焦というものもあるが、ここでは割愛)になります。

よくお酒を飲んだ時などに、「あ~!五臓六腑に染み渡る~!」って言う人いるじゃないですか?

あの五臓六腑というワードは東洋医学の内臓のことを指します。

線路(路線)に種類があるように五臓六腑ごとに「経脈」という線状のもので種類があるということです。

例えば、肝臓には肝臓特有の経脈、肺には肺特有の経脈・・・etc.があるってことです。

経穴=駅

線路と線路の間には何が点在していますか?

そう、「駅」です。「駅」が経穴、一般的に言われる「ツボ」に当てはまるのです。

仮に電車、車両が故障やトラブルに見舞われたとしましょう。

鉄道の詳細はわかりませんが、電車の車両がトラブルに見舞われた時、整備場みたいなところはあるにせよ、駅で停車しメンテナンスなり修復したりします。

それと同じで、経穴でも気(車両)が一定方向にスムーズに体を循環しているならば良いですが、気が停滞したり、逆行したりすると体に不調をきたします。

ですので、経穴(駅)を使い、体に刺激(鍼なり灸なり、指圧なり・・・etc.)を加えることで心身の調整、メンテナンスをしていくのです。

「穴性(けっせい)」とは、いわゆる経穴の効果効能

線上の「経脈」の上に点状で「経穴(けいけつ)」があるわけですが、経穴ごとにどんな作用があるのかは異なります。

要するに薬で言う、効果効能経穴ごとにあるということです。

合谷 経穴

 経穴の効果効能のことを・・・

穴性(けっせい)

と言います。

例えば有名な経穴(つぼ)をひとつ挙げると・・・

「合谷」(ごうこく)

という有名かつ効果の出やすい経穴がありますが、その穴性を紹介します。

・鎮痛安神

・神経活絡

・疏風解表

という四文字熟語的な言葉で表されます。

少し難しいですかね?解説します。

(鎮痛安神)

「鎮痛」はわかりやすいですよね。「痛み」を鎮めるということです。

「安神」は精神を安定させるという意味です。

(神経活絡)

「神経」は西洋医学的な「神経」というより東洋医学では「神」=「精神」のような捉え方もしますので、メンタルの活性化的なイメージが良いかと思います。

(疏風解表)

「疏風」とは風の邪気を分散させること、「解表」も似たような意味ですが、特に初期の邪気を取り除くことと言えるでしょう。

これらは一例ですが、経穴それぞれに効果効能があります。

経穴のまとめ

経穴,つぼ

画像引用元:PhotoAC しゃりんさん

この記事を読む前と今では経穴に関する感想は変わったでしょうか?

少しでもわかりやすかったと思って頂けたら嬉しいです。

経穴東洋医学的、自然療法的な考え方ですが、数千年前からの先人の知恵、経験を踏襲し活用してきたものです。

西洋医学メインのドクター、看護師、薬剤師などの人々にはエビデンスがないから意味のないと言われる方々もいるのも事実です。

しかし、西洋医学の治療で治らない病気や症状が経穴を使った治療で快方に向かうといった例も目にしたことがあります。

医科学的根拠はたしかに大事ですが、自然療法や東洋医学も合う人がいるのでは?

もっとたくさんの方に経穴が伝われば嬉しいです。

読んで頂いた方ありがとうございます。

 

トップ・アイキャッチ画像引用元:PhotoAC bBearさんより