読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クロコダイルの「サッカー日本代表に物申す!」

長年サッカーに携わってきたクロコダイルがお送りするサッカーブログ!!日本代表について物申す!

スポンサーリンク

日本代表VSオマーン代表スタメンは!?ボランチの選考から考えるハリルホジッチ監督の意図

鹿島アントラーズ 香川真司 長谷部誠 長友佑都 西川周作 浦和レッズ 本田圭佑 日本代表が強くなるために 日本代表監督 川崎フロンターレ 川島永嗣 山口蛍 大迫半端ないって 大迫勇也 ワールドカップ ロシアW杯 メンバーについて ハリルホジッチ ハリルジャパン スタメン サンフレッチェ広島 サッカー W杯の記憶 Jリーグ GK

f:id:crocodile74:20161111131212p:plain

ロシアW杯アジア最終予選サウジアラビア代表戦が15日に行われます。その前哨戦として同じ中東の国、オマーン代表との戦いが本日行われます。サウジ戦に負けるといよいよ解任必至となるハリルホジッチ監督。オマーン代表戦は仮想サウジ戦となる大事な一戦。メンバー選考から考えるサウジアラビア代表戦への戦い方を考えます。

 招集メンバー

オマーン代表戦、サウジアラビア代表戦における日本代表メンバーが決定しました。新しい招集メンバーで注目選手としてはG大阪井手口陽介とケルンの大迫勇也、ヤングボーイズ久保裕也ではないでしょうか。

GK
1 川島永嗣FCメス
12 西川周作浦和レッズ
23 東口順昭G大阪

DF
2 丸山祐市FC東京
3 植田直通鹿島アントラーズ
5 長友佑都インテル
6 森重真人FC東京
19 酒井宏樹マルセイユ
20 槙野智章浦和レッズ
21 酒井高徳ハンブルガーSV
22 吉田麻也サウサンプトン

MF
7 永木亮太鹿島アントラーズ
10 香川真司ドルトムント
13 清武弘嗣(セビージャ)
14 小林祐希ヘーレンフェーン
16 山口蛍(C大阪
17 長谷部誠(フランクフルト)
24 井手口陽介(G大阪

FW
4 本田圭佑ACミラン
8 原口元気ヘルタ・ベルリン
9 岡崎慎司(レスター)
11 齋藤学横浜F・マリノス
15 大迫勇也(ケルン)
18 浅野拓磨シュトゥットガルト
25 久保裕也(ヤングボーイズ)

ボランチのメンバー選考からわかる「デュエル」への意識

今回、ボランチは4名の選出となっております。

長谷部誠山口蛍永木亮太井手口陽介・・・。

守備的ミッドフィルダー、いわゆるボランチという一般名称がありますが、タイプは様々です。

下の過去記事にボランチのタイプ別の相性などを記載しましたのでぜひご覧下さい。

crocodile74.hatenablog.com

個人的な考え方としてはボランチは「守備的タイプ」、「攻撃的タイプ(パサー)」、「バランサータイプ」の3つに分かれると思います。

今回の招集メンバーでは特に「攻撃的タイプ、パサータイプ」のボランチ選出がないことが注目すべき点です。

今までは浦和レッズ柏木陽介川崎フロンターレ中村憲剛大島僚太や日本代表を長年牽引してきたG大阪遠藤保仁などの中盤の底から長短のパスでゲームを組み立てるレジスタタイプの選手が必ず選出されていました。

この選出基準を見る限りではやはり「デュエル」、いわゆる一対一での攻防をハリルホジッチ監督が意識していることが分かります。

井手口陽介永木亮太が選出されている理由としてはボールを奪取する力、攻撃から守備への切り替える能力を高く評価しているからでしょう。

オマーン代表戦は新戦力中心でサウジ代表戦に照準を合わせる。

オマーン代表戦では新戦力や久しぶりに招集されている選手を起用すると報道されています。気になるスタメン予想は以下の通りです。

GK

23 東口順昭ガンバ大阪)⇒(実際は12 西川周作

DF

2 丸山祐市FC東京

20 槙野智章浦和レッズ)⇒(実際は22 吉田麻也

5 長友佑都インテル)⇒(実際は19 酒井宏樹

21 酒井高徳ハンブルガーSV

MF
7 永木亮太鹿島アントラーズ

24 井手口陽介(ガンバ大阪)⇒(実際は16 山口蛍)

10 香川真司ドルトムント)⇒(実際は13 清武弘嗣

14 小林祐希ヘーレンフェーン)⇒(実際は4 本田圭佑

FW

15 大迫勇也(ケルン)

25 久保裕也(ヤングボーイズ)⇒(実際は11 斎藤学

もしかしたら4-4-2のオプションを試すのではないかと予想します。(後半から試した。)長友佑都香川真司などの長年代表に名を連ねた選手で所属クラブで出場機会に恵まれていなかったり、調子の悪い選手でもオマーン戦は出場させると思います。さらには井手口陽介永木亮太久保裕也大迫勇也などの新戦力との融合、相性をチェックする場でもあるでしょう。

ハリルホジッチ監督はアルジェリア代表監督としてブラジルW杯ではベスト16までチームを勝ち上がらせました。その際の戦術としては様々なフォーメーションで攻守ともに幅を持たせ、まるでカメレオンのように陣形が変化していく良いポイントがあったはずです。

ぜひとも、良いときのハリルホジッチ監督を取り戻し、オマーン代表戦、サウジアラビア代表戦共に連勝でロシアW杯アジア最終予選Bグループ2位以上に食い込んで欲しいものです。

関連記事

 

crocodile74.hatenablog.com

 

 

crocodile74.hatenablog.com

 

 

crocodile74.hatenablog.com

 

トップ・アイキャッチ画像引用元:【日本代表合宿】11/6 井手口陽介インタビュー