読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クロコダイルの「サッカー日本代表に物申す!」

長年サッカーに携わってきたクロコダイルがお送りするサッカーブログ!!日本代表について物申す!

スポンサーリンク

史上最弱の東福岡VS下剋上の國學院久我山

f:id:crocodile74:20160109171903p:plain

第94回全国高校サッカー選手権大会の準決勝が行われました。福岡県代表、東福岡VS石川県代表、星稜高校は東福岡が、青森県代表、青森山田高校VS東京都A代表國學院久我山國學院久我山が勝ち進み、決勝は東福岡VS國學院久我山となりました。決勝戦がどうなるのか展望を予想してみたいと思います。

 夏のインターハイ王者、東福岡

昨年は中島賢星(横浜Fマリノス)、増山朝陽(ヴィッセル神戸)の2枚看板を擁し、インターハイを制しながらも選手権では思うような成績を残せなかった東福岡。

そんな偉大な先輩の意思を受け継ぎ、この代になったが当初は「史上最弱の東」と呼ばれ、期待感は少なかったという話は有名です。

そんな周囲からの評価を覆し、選手権の決勝まで上り詰めてきた中で私が注目する選手はGKのU-18日本代表にも選出されている脇野敦至選手です。

GKとしての必要な「安定感」を持っていて、昨年からレギュラーとして活躍しています。彼のコーチングとシュートセーブが東福岡をここまでのチームにしたと言っても過言ではないでしょう。

パスサッカーを貫く若い國學院久我山

個人的に練習試合で対戦(もう10年以上前笑)したことがある國學院久我山ですが、テクニックに優れ、ポゼッション重視のサッカーをするチームだったという印象があります。

今回の選手権ではレギュラーとして活躍している選手がまだ2年生、1年生で数人いますので来年以降も全国の舞台で活躍できる可能性があるチームだと思います。

注目は2年生司令塔の14番、名倉巧選手です。小柄ですが足元の技術に優れ、細かいドリブルや決定的なスルーパスを出せる司令塔です。

テクニックやパスワークが話題になりがちな國學院久我山ですが、試合を見ると守備も非常に強い印象を受けます。準決勝で個の力を持っている青森山田を相手にしても一対一で勝つことが多かったですし、試合をこなしていくに当たって成長してきたチームだなと思います。

下馬評は東福岡・・・しかし!?

実績を見れば東福岡が有利と言えるでしょう。選手権で優勝したこともありますし、インターハイでは今年の王者でもあります。やはり「経験」という部分では強いでしょう。監督やコーチ、指導者も含め、勝ち方を知っています。

しかし「勢い」は怖いものであります。正直、國學院久我山が決勝まで行くと思っていた人は少ないでしょう。2年生や1年生がレギュラーメンバーにいますし、怖いもの知らずという良い側面もあるかもしれません。

ここまで来たらどちらが勝ってもおかしくないですが、國學院久我山が勝ったらまた高校サッカー界が面白くなります。

決勝は1月11日(月)の成人式です。

 

↓関連記事↓

  

crocodile74.hatenablog.com

 

鎌田大地が日本代表に必要な理由

fc-crocodile.net

トップ・アイキャッチ画像引用元:第94回全国高校サッカー選手権大会 学校紹介 東京都A代表 國學院久我山 日テレオンデマンドより