クロコダイルの「サッカー日本代表に物申す!」

長年サッカーに携わってきたクロコダイルがお送りするサッカーブログ!!日本代表について物申す!

スポンサーリンク

元日本代表ハーフナー・マイクや田中亜土夢が活躍!フィンランドリーグはどんなリーグ?


かつてJリーグでもプレーをしていたハーフナー・マイク選手や田中亜土夢選手。最近あまり近況が伝わってこない、と思ったあなた。彼らはいま、フィンランド・リーグというあまり日本人には馴染みの無い舞台で戦っています。

彼らの所属しているHJKヘルシンキはどの様なチームであり、フィンランド・リーグはどの様なリーグなのでしょうか?

日本と同じ春開幕のフィンランド・リーグ

フィンランド語で「ヴェイッカウスリーガ」と呼ぶフィンランド・リーグは一部リーグにあたり、12チームで構成されています。日本よりも遙かに北に位置するだけあり、さすがに冬季のリーグ開催は困難なようで、日本のJリーグと同様に3月から4月にかけて開幕し、10月にはリーグが終わります。

2014年シーズンの優勝チームが、2015-16のCL予選への参加が認められるという事になり、恐らくCL出場チームの中で、前大会優勝チームに続いて2番目に早く出場権が得られるという事になります。

フィンランドの人口は約530万人であり、各所属チームのホームスタジアムも最大で15,000人程度しか収容できない環境でリーグが運営されていますので、やはり人工と比例してリーグも他の欧州諸国と比べても小規模となっています。このフィンランド・リーグで最多優勝回数(27回)を誇るHJKヘルシンキこそが、フィンランドを代表するクラブと言えます。

フィンランドの名門、HJKヘルシンキ

フィンランドを代表するHJKヘルシンキですが、フィンランドのチームで唯一CLのグループステージまで進み、また始めてELで勝利したチームでもあります。

また、現在フィンランド・リーグ6連覇中であり、2015シーズンも約半分を消化した段階で、2位に大差を付けて首位を独走しています。その様な中でハーフナー・マイク選手も田中亜土夢選手もコンスタントに出場機会を与えられ、共に4ゴールを挙げるなど、チームの首位独走に少なからず貢献しているのです。

日本人には馴染みの薄いフィンランド・リーグ。このフィンランドを代表する選手といえば、ひとりしかいません。アヤックスで一時代を築いた国民的英雄ヤリ・リトマネンです。実は彼はHJKヘルシンキには2シーズンしか所属していないのです。因みに引退を決意した最後のシーズンに所属していたチームはHJKヘルシンキでした。彼はフィンランド・リーグでの活躍が認められたというよりは、フィンランド代表での活躍が注目されて、ビッグクラブへ移ったと言えるでしょう。

新たに始まる、欧州への挑戦

2015-16シーズンのCLへの挑戦権を得たHJKヘルシンキ。本戦出場に向けて予選2回戦からの登場となり、ヴェンツピルス(ラトビア)と戦う事になりました。第1戦は7月14or15日、第2戦は7月21or22日に開催されます。

ハーフナー・マイク選手や田中亜土夢選手にとっては初のCLの舞台となります。本戦出場まで6試合、フィンランド・リーグ真っ只中での連戦となりますが、無事にCLの本戦に出場できるかどうかは、この2人の日本人選手が鍵になるかも知れませんね。


HJKヘルシンキ移籍の田中亜土夢がデビュー、公式戦でいきなり初ゴール - YouTube

↓関連記事↓

 

crocodile74.hatenablog.com

 

 

crocodile74.hatenablog.com

トップ・アイキャッチ画像引用元:HJK TV: HJK -IFK Mariehamn 4-0より