読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クロコダイルの「サッカー日本代表に物申す!」

長年サッカーに携わってきたクロコダイルがお送りするサッカーブログ!!日本代表について物申す!

スポンサーリンク

ACL 決勝T組み合わせ決定!G大阪と柏レイソルは勝てるのか?

アジアチャンピオンズリーグ2015・決勝トーナメントQuarterFinalの組み合わせ抽選が6月18日に行われました。同国クラブのプロテクションはなく、QFでいきなり同国対決もあり得ます。日本が属する東地区で残っているのはガンバ大阪(日本)、柏レイソル(日本)、全北現代(韓国)、広州恒大(中国)の4クラブ。柏を除く3クラブはそれぞれ昨年の各国リーグチャンピオンでまさに「チャンピオンズリーグ」にふさわしいクラブが残りました。またこの3クラブはかつてACL制覇を成し遂げています。

抽選の結果は

そして抽選の結果、東地区は以下の組み合わせとなりました。(左側のチームが1stレグホーム) 

柏レイソル広州恒大
全北現代ガンバ大阪

日本のクラブ同士の対決は避けられました。柏、ガンバ大阪とそれぞれ対戦する広州恒大全北現代とはどんなクラブでしょうか。

アジアの金満クラブ・広州恒大

柏と対戦する広州恒大はもはやアジアの「金満クラブ」と化しています。

2012年に前イタリア代表監督のマルチェロ・リッピを招聘、2015年からは元イタリア代表DFファビオ・カンナヴァーロ氏が実質的な新監督として就任。2011年から2014年まで中国超級リーグを4連覇しています。 

強さの秘密は多額の移籍金で獲得した強力な外国人選手。

2年連続中国超級リーグ得点王の背番号9 エウケソン、移籍金1500万ユーロ(約21億円)の背番号11 リカルド・グラール、移籍金1100万ユーロ(約15億円)の背番号7 アラン。

エウケソンとアランは怪我でACLは思うように活躍できませんでしたが、それでもグラールがグループリーグで6試合6得点、Round16で2得点、合計8得点で現在ACL得点ランキングトップ。3人が揃った時の破壊力は底しれません。

柏にとって広州恒大は苦い思い出の相手。2013年のACL準決勝で対戦し、1stレグのホームで1-4、2ndレグのアウェイでは0-4と圧倒されました。

柏は借りを返したいと思っているでしょうが、広州恒大の強力外国人が揃った場合は二の舞いになる可能性もあります。

 その広州恒大は先日カンナバーロ監督を解任し、磐田でも指揮を取った前ブラジル代表監督・フェリペ・スコラーリを監督に招聘。この交代がどういう影響を及ぼすかはまだ定かではありません。

全北現代の要注意選手は元FC東京のエドゥー

ガンバ大阪の対戦する全北現代は柏と同じグループEの2位通過。

対柏では初戦ホームでスコアレスドロー、柏のホームでは2-3で柏に競り負け。これがGL唯一の敗戦でした。

山東魯能(中国)に対してはホーム・アウェイともに4-1で圧勝、決勝トーナメントのRound16では北京国安に対してホームで引分け、アウェイで勝利し勝ち抜け。対中国に対しての相性がいいようですが、対日本のクラブは良くないようです。

 昨年FC東京でプレーしたエドゥーがACLで3得点とベスト8進出に貢献しており、昨年J1で11得点した能力は健在。昨年5月のFC東京ガンバ大阪の試合ではエドゥー選手が2得点あげてFC東京が快勝しており、ガンバ大阪にとっては要注意の選手です。

 ガンバ大阪はRound16 2試合での累積警告によりキーマン・今野が1stレグ出場停止。今期は今野出場試合と不出場試合の試合結果の差が際立っており、1stレグをいかに乗り切るかが鍵となりそうな予感がします。

厳しい国際試合が日本のレベルをアップする

決勝トーナメントに入ればどこも強いチームですし、目の前にタイトルが見えてくればおのずと試合も激しさを増します。この激しさ・厳しさこそ日本サッカーのレベルアップに必要であり、ガンバ大阪柏レイソルの両クラブには健闘を期待しています。東地区の準々決勝は1stレグが8月26日(水)、2ndレグが9月16日(水)に開催されます。


サッカーアース ACL ガンバ大阪、柏レイソル特集 - YouTube

↓関連記事↓

 

crocodile74.hatenablog.com

 

 

crocodile74.hatenablog.com

 トップ・アイキャッチ画像版権:jleaguechannel 【ACL準々決勝 第2戦】G大阪vs全北現代 長谷川健太監督(G大阪)の試合後コメントより