クロコダイルの「サッカー日本代表に物申す!」

長年サッカーに携わってきたクロコダイルがお送りするサッカーブログ!!日本代表について物申す!

スポンサーリンク

ミラノダービー史上、最もレベルの低い戦い?本田圭佑、長友佑都の出場は?

f:id:crocodile74:20150419140650j:plain

日本時間、4月20日の早朝に行われる伝統の一戦、ACミランVSインテル・ミラノミラノダービー史上最もレベルが低いのではないかと言われる程2チームのチーム状態は深刻です。セリエAでも上位に食い込んでいなければならない2チームですが、ユベントスナポリ、ローマなどに強豪の名を明け渡しています。セリエAでの順位も中位でCL常連だった頃がもはや懐かしい状態になりつつあります。インテル・ミラノ所属の長友佑都はベンチスタートの可能性、ACミラン本田圭佑は怪我の状態が不安視されるもののスタメン強行出場と予想されていますが日本人対決は実現するのか、注目です!

メネズ頼みの攻撃陣。本田圭佑の復調がミラン上昇の鍵か!?

ACミランはここ数年不振にあえいでいます。システム的な問題、個の能力の低下、チームワークの欠如、様々な理由が考えられますが、ここまでチームを引っ張ているのは、まぎれもなくフランス代表のメネズでしょう。「ゼロトップ」、「偽9番」とも言われるポジションに据えられていましたが、エルシャーラウィの怪我の影響でポジションを左サイドに移しています。ポジション変更後、メネズのパフォーマンスは上がっていません。

そこで期待が掛かってくるのは本田圭佑ですが、守備陣の不安定さが本田圭佑に余計な労力を生ませているという指摘もあります。真面目で勤勉な日本人は守備にも労を惜しまず走り回るため、攻撃への比重が保てないと分析されています。守備が安定し、本田圭佑にボールが入るようになれば徐々に良くなってくるかもしれません。

f:id:crocodile74:20150419141133p:plain

インザーギ監督は本田圭佑をどう見てる?

解任説が常に付きまとう、ACミランの指揮官インザーギですが、本田圭佑についてどう見ているのでしょうか?ワールドサッカーダイジェストのインタビューでインザーギはこう答えています。

「日本代表ではリーダー格のようだが、ミランではシャイ。もっと厚かましくて良い。」

というコメントを残しています。さすが海外、さすがイタリアと言ったところですが、確かにシーズン序盤のゴールを量産していた時はFKを譲らず、厚かましさはあったかもしれませんが、ここ最近はそういった部分は影を潜めています。良い意味でも悪い意味でも「日本人」から脱却できない部分は本田圭佑でさえあるのでしょう。

インテルマンチーニ監督は解任論無し!

もはや「世界一」の称号は過去のものになってしまっているインテル・ミラノ。指揮官のマンチーニ監督への解任論は一向に出てきません。フロントのお気に入りなのでしょうが、結果が伴わないのに良いのか?と疑問を感じずにはいられません。

インテルもACミラン同様、前線のイカルディが孤軍奮闘するばかりで補強の注目選手だったドイツ代表ポドルスキのパフォーマンスは上がらず、空振りという感じを受けます。スイス代表シャキリ、アルゼンチン代表パラシオなどもポジションを微妙に変更し、どうにか頑張っていますが、結果には結びついていません。日本代表、長友佑都の放出の噂も浮上し、不安定なシーズンと言えます。

日本代表に本田圭佑長友佑都は必要か?

よく「替えの利かない選手」とチームにとって絶対的な存在の選手を表現します。ハリルホジッチ監督が監督に就任してから競争力の高まりが顕著となり、ヨーロッパのビッククラブに所属する選手でさえ、クラブでの結果、良いパフォーマンスを残さなければ招集されないでしょう。

先日のブンデスリーガドルトムント香川真司マインツ岡崎慎司の日本人選手が得点を挙げ、調子の良さをアピールしています。個の能力ならば本田圭佑長友佑都も間違いなくいまの日本人プレイヤーの中でもトップクラスですから、まずはしっかり所属クラブでのレギュラー確保と得点、アシストを重点に置き常に結果を出していって欲しいです。


【海外の反応】本田圭佑、長友佑都、ミラノダービーで日本人対決実現!ミランとインテルは ...

↓↓↓↓関連記事↓↓↓↓

 

crocodile74.hatenablog.com

 

 

crocodile74.hatenablog.com

 

 引用画像:YouTube① YouTube② YouTube③